定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2021年 11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
2021年 12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

トップ > 雑誌 > 淡交別冊 > 淡交別冊 第75号 唐物

淡交別冊 第75号 唐物
淡交別冊 第75号 唐物
淡交別冊 第75号 唐物
淡交別冊 第75号 唐物
淡交別冊 第75号 唐物
拡大画像
淡交別冊 第75号 唐物
淡交別冊 第75号 唐物
淡交別冊 第75号 唐物
淡交別冊 第75号 唐物
淡交別冊 第75号 唐物

淡交別冊 第75号 唐物

茶の美を創った舶来品

龍光院/協力 島尾 新・谷端昭夫/執筆

商品コード : 0000090100-0075
製造元 : 龍光院/協力 島尾 新・谷端昭夫/執筆
価格 : 1,760円(税込)
茶の美を創った舶来品
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
茶の湯草創期、当時の権力者や茶人らが崇拝の念をもって受容し、茶の湯のみならず日本美術の美の規範をなしてきた唐物。時を超えた現代でも、「唐物」への高い関心と人気がうかがえます。本号では、茶人憧憬の「唐物」がテーマ。巻頭では、大徳寺龍光院の寺宝として伝わる国宝「密庵咸傑墨蹟」を国宝茶室「密庵」で特別撮影するほか、約400年伝え継がれてきた唐物を撮り下ろし。唐物を語る上で核となる「東山御物を作った人々」や、それ以降の時代的変遷と唐物のありよう、作り手からみた唐物のすごみ、研究者による唐物研究最前線など、多角的な視点から唐物の魅力をひもときます。
 

目次PDFはこちら

龍光院/協力 島尾 新・谷端昭夫/執筆

雑誌コード:05918-05

発売日:2019/4/10

A4判変型112頁(カラー64頁)