定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

 

トップ > 特集 > メディアで紹介 > 玉水焼 歴代の作品とその歴史
書籍 > 美術書 > 工芸・陶芸・絵画 > 玉水焼 歴代の作品とその歴史

玉水焼 歴代の作品とその歴史

樂 直入/著

商品コード : 0000004471-0000
製造元 : 樂 直入/著
価格 : 3,960円(税込)
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
樂家四代・一入の庶子である一元が開窯した玉水焼は、樂焼の血をひく唯一の脇窯として、近代まで代を数えましたが、明治
に入り廃窯したとされています。江戸初期から中期にかけ、千家の家元や公家茶人の好物も制作し、当時の茶道界で存在感を
示していた玉水焼ですが、いまでは知る者も少なく、その作陶の評価はいまだ定まっていないのが実情です。本書は、樂家
十五代・樂直入氏が、史料を渉猟し、樂家に伝わる初公開の文書を交えながら、玉水焼の歴史についての詳細に分析します。
また、これまでにない規模で玉水焼の作品写真を掲載します。写真はすべて撮り下ろし、著者による解説を付します。樂美術
館にて開催予定の展覧会に合わせ、新たな玉水焼像を提示します。なお、資料編では「印」「共箱の箱書」「鋏跡」を収録。陶芸愛好家、美術商、研究者らにとって必読本となる一書です。


樂  直入/著
ISBN:978-4-473-04471-6
発売日:2021/5/21
B5判 並製248頁(カラー104頁)


●2021年6月9日 京都新聞で紹介されました。
●2021年6月24日 日本経済新聞で紹介されました。
●2021年7月31日 京都新聞(朝刊)21面で紹介されました。