定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

 

トップ > 月刊なごみ > 2013年 > なごみ2013年12月号

なごみ2013年12月号

師走にかたむける一献 酒器とお酒を語る

商品コード : 0000090031-1312
価格 : 880円(税込)
師走にかたむける一献 酒器とお酒を語る
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

【今月の特集】

師走にかたむける一献
酒器とお酒を語る

◎特集の内容
凍みるような冬の夜には、日本酒を一献かたむけたくなるもの。そんな夜にぴったりの酒器とお酒の特集です。しぶや黒田陶苑主人・黒田草臣さんご推奨の近現代作家の酒器、酒好きたちが熱く語る一人酒の酒器――。茶席の酒器の豆知識や扱いの注意点も紹介し、盛りだくさんの内容でお酒の楽しみをご提案します。

 

●小特集●
忠臣蔵と茶の湯


◎小特集の内容
年の瀬といえば「忠臣蔵」。大石内蔵助はじめ赤穂浪士が吉良亭に討ち入った十二月十四日が茶会前日だったことはよく知られています。吉良上野介は山田宗偏から茶の手ほどきを受け、大石も茶の湯を好みました。彼らにゆかりの茶道具とともに、茶の湯の切り口から忠臣蔵を再考します。

 

 

【連載】

●茶の湯を深める●
・ユリイカ! 私の茶の湯発見「茶室で宇宙創造」(佐治晴夫×北見宗幸)
・茶窓力辰鯑匹燹嵳休七哲について」(筒井紘一)

●和の文化を知る●
・女うた 恋のうた「殷富門院大輔」(林 望)
・利休の時代「利休とその死」(本郷和人)
・野生めぐり「海と山、『東北』の未来―三陸地方」(石倉敏明×田附 勝)

●美を楽しむ●
・扉「大晦日」(日菓)
・虹色何色「ピースな虹」(高砂淳二)

●読み物●
・粋の歳時記「失せてくれるな」(山本一力)
・家族、日めくり「師走一筆」(石田 千)
・亀遊笑覧「最終回を迎えて」(市川猿之助)
・今、華のひと「安藤竜二」(ハチ蜜の森キャンドル代表)
・迷走の本棚「日記を読む効能」(大竹昭子)
・魅惑のニッポン映画たち「ある殺し屋」(太田和彦)

●イラスト読み物●
・メトロに乗って東京俳句ing「木枯らしは下町によく似合う」(安西水丸)
・ものぐさガーデニングのススメ「剪定の最良時期、オススメの茶花など、Q&A集その3」(斉藤吉一)

●お役立ち情報●
・なごみ新刊案内
・学芸員に聞く 今月の茶道具

・おすすめ&トピックス
・美術館・博物館案内
・劇場・公演案内
・今月の星占い(ルネ・ヴァン・ダール研究所)

・なごみ1月号の予告

雑誌コード:06817-12

発売日:2013/11/28

B5判128頁(カラー48頁)